すべての人が幸せになるテクニックを

「シェル-Pontaクレジットカード」を作り、さらに4200円もらっちゃう方法

shell-card

スポンサーリンク

 

 クレジットカードを新たに作る時全般に言えることですが、普通に公式ページ経由で作成しても何の得もありません。こういう時にお得なのは、ポイントサイト経由で作ることです。

 例えば、「シェル-Pontaクレジットカード」を作る時、「モッピー」というポイントサイト経由で作成するだけで4200円もらえます。これは広告主が自分でお客さんを集めてくる手間を省き、ポイントサイトに新規顧客1人に付きいくらかのマージンを支払うことで売り上げを安定してあげようという狙いがあります。そしてポイントサイトはその利益を還元することでまたお客さんに来てもらおうとするわけです。つまりポイントサイトを経由するというのは、3者がウィンウィンの関係になれるわけです。

 さて、モッピーで「シェル-Pontaクレジットカード」を作ると、まずクレカを作ることで1200ポイントがもらえます。これは現金として銀行に振り込んでもらうこともできますし、アマゾンギフト券と交換することもできます。非常に便利です。また今現在「シェル-Pontaクレジットカード」はキャンペーンをしていて、カードを新規で作った人に3000円分のPontaポイントを贈呈してくれます。この2つの合計で4200円分の現金がもらえちゃいます。

→さっそくモッピー経由で「シェル-Pontaクレジットカード」を作る

 

スポンサーリンク


 

もっとお得な「シェルカード」はないものか?

 実はもともとオリジナルで「シェルカード」というものがあります。シェルで給油する時にシェルのクレジットカード払いにすることで1L辺り幾ら、というように値引きをしてくれるんです。ポイントが貯まったりとかはありません、単に値引きです。

 調べてみると現在ハイオクで最大13円/L、レギュラーは最大8円/Lの値引きが行われています。ただしこの値引き率は変動するので将来ずっとこの値引き額かどうかは分かりません。

 で、「シェル-Pontaクレジットカード」と「シェルクレジットカード」とどちらがお得なのか、次のケースで計算してみました。
1回の給油で30L。月に4回給油。レギュラーガソリンが105円(税抜き)。

 まず支払額は、 30L×4回=120L、1L105円とした場合、月の支払額は13,608円(税込)になります。

 

「シェル-Pontaクレジットカード」の場合

 13,608円×2P=272P(還元率2%)
120L×2P=240P(1Lにつき2Pもらえる)
合計のPontaポイントは512Pになります。
実質の支払額は、13,096円です。

 

「シェルクレジットカード」の場合

 レギュラー1Lに付き8円の値引きだから、
120L×(105円ー8円)×消費税=12,571円

「シェル-Pontaクレジットカード」13,096円
「シェルクレジットカード」12,571円
差額、「シェルクレジットカード」が525円お得、ということになります。

 ただ、「シェル-Pontaクレジットカード」は最初に3000円分のPontaポイントがもらえること、そして最初の2か月分がクレジットカード利用額×3%のボーナスPontaポイントが付きます。

 結論としては、長くシェルを利用するのなら「シェルクレジットカード」を、毎月の給油量がそれほど多くなかったり、ローソンなどを利用する人が多い人は「シェル-Pontaクレジットカード」がよい、ということになるでしょうか。

→ 「シェル-Pontaクレジットカード」を作成する

→ 「シェルクレジットカード」を作成する

→ モッピーの詳しい登録の仕方を見る

スポンサーリンク

 

関連記事

スポンサーリンク

転職ならDUDA

非公開の求人は全体の77%

スポンサーリンク