すべての人が幸せになるテクニックを

パワハラの定義と対策。もしもあなたがパワハラに遭ったら・・・

power-harassment

スポンサーリンク

 

 パワハラとは、同じ職場環境にある上司が部下に対して、立場の優位性を利用して行ういじめのことです。必ずしも身体的な苦痛に限らず、精神的に追い込むことも含まれ、結果として働く権利を侵害することになります。「いじめ」と一言で言っても、小学生のようないじめではなく、適正な業務の量以上を要求したり、あるいは逆に能力に見合わないわずかな仕事しか割り当てない、といった幅広い形を含みます。他の事例としては、個人攻撃「お前みたいなやつは、そんなことしかできないよな」「やる気あんのか、この給料泥棒」のようなものもアウトです。

 難しいのは、部下がさぼっていたり、本来ならできるであろう仕事をしていなかったりするときに上司が指導する場合でしょう。また成績不振の部下を鼓舞する時、社員派遣社員への対応の違いなど難しい局面もあります。もし表現や語意の強さを間違えるとパワハラにとらわれかねません。大企業の場合は専門に「パワハラ相談」の窓口を設けているところもあります。

スポンサーリンク


 

パワハラへの対策

 上司が、完全に個人的な差別や恨みを持っている場合は、完全なるパワハラであり、もはや個人としては解決するのは難しいでしょう。また上司があまりにも事なかれ主義者で、部下への配慮が欠けるタイプの人である場合などは、もはや第三者に助けを求める以外方法はないかもしれません。しかしそうでない場合は、普段から上司や同僚とよく意思を通わせて、風通しの良い職場にする努力が必要です。そうすれば上司がどういう動機で叱咤激励しているのか、その心情を理解しやすくなるでしょう。問題が深刻化する前に、早い段階で気持ちを理解し合えるよう迅速に対応するべきでしょう。

 

パワーハラスメント 判例

 Wikipediaなどを見ると、裁判においてパワハラが認められた場合、例えば腕をつかむなどして怪我をさせた場合は傷害罪として、また多くの従業員のいる前で、犯罪者呼ばわりをした場合は名誉棄損罪、侮辱すれば侮辱罪と、すべてのケースで刑事責任が問われるとのことです。そして結果としてパワハラの被害者に損害が生じた場合は民法710条に従い、慰謝料の支払いも要求されるとなっています。

 パワハラといっても環境や人間関係などが非常に複雑であり、一概に一つの法律で裁くことは難しいのが実情です。近くに親身になって相談に乗ってくれる人がいない場合は、弁護士などの専門家に相談しましょう。最近では相談が無料の弁護士事務所も増えてきました。アドバイスをいただくことができるでしょう。

→ 日本法規情報に無料で相談してみる。

スポンサーリンク

 

関連記事

スポンサーリンク

転職ならDUDA

非公開の求人は全体の77%

スポンサーリンク