すべての人が幸せになるテクニックを

就活スーツは安物でもOK?男女別の押さえておきたいマナー集

就活 男性 服装

スポンサーリンク

 

 就活を行う際に、まず揃えるものと言えばリクルートスーツです。一般的なスーツとは異なり、ベーシックなデザインで華美ではありませんが、マナーを重視する就活に適した服装として人気を集めています。リクルートスーツには、色やデザインなどに明確な規定があるわけではありません。しかし就活の場では清潔感や常識など、外見上の第一印象が非常に大切になります。印象の良いタイプのスーツを着ていた方がマナーも良いとみなされ、面接などの採用試験でも有利に働くことがあるので注意しておきましょう。

 就活スーツを選ぶうえで大切なポイントやマナーはいくつもあるので、できるだけ覚えておくと良いでしょう。まず、最も大切なのは自分のサイズに合ったものを選ぶという事です。小さすぎても袖が短かったりパツパツして見苦しいですし、大きすぎてもシワが出やすく爽やかな印象を与えません。必ず試着を行い、サイズをチェックしてから購入するようにしましょう。また、ひと口にリクルートスーツと言っても、ボタンやポケットの数や位置などにも違いがあります。一般的には3つボタンのものを選び、男性の場合は一番下のボタンを外しておくのがマナーとされています。こうすることでシワが出来にくく、よりスッキリと仕事の出来そうな着こなしが可能になります。

スポンサーリンク


 

スカートにするのか、パンツにするのか?

 女性の場合で悩む人が多いのが、スカートにするかパンツにするかという点です。これはどちらでも構わないとされていますが、企業の社風や業務内容などに応じて変えるのが良いでしょう。活発に動き回ることの多い業種の場合はパンツ、お客様と接する機会の多い業種は華やかさを演出するためにスカートにするなど、それぞれの企業や職種を考えて決めるようにしましょう。スカートを着る場合は、立った時に膝が隠れるくらいの丈のものを選ぶようにしましょう。あまりに短すぎると、面接の際に椅子に座った時に膝上の方まで上がってしまい、面接官の心証を悪くしてしまいかねません。

 さらに、色あいについても注意が必要です。オシャレが好きな人もいるでしょうが、就活の際には清潔感や落ち着きが何より大切となります。黒や濃紺、グレーなどシックな色を選ぶ人が多く、実際に面接官などの心証も良くなります。ストライプなど柄があるスーツは就活の場にはふさわしくないので、避けておいた方が無難です。

 採用を行う企業からしてみれば、着ているスーツも人柄を測る選考の一部であると言えます。きちんと情報収集を行って常識的な配慮のできる人物か、正しい判断力を持つ人物か等を見極めているのです。このため、色やデザインなど基本的なマナーさえ押さえておけば、安いスーツでも何ら問題はありません。採用担当者はスーツの値段ではなく、あくまでその場にふさわしい服装かどうかという点を確認しているに過ぎないのです。何着も購入する必要はありませんが、汚れた時などのために最低でも2着は準備しておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

 

関連記事

スポンサーリンク

転職ならDUDA

非公開の求人は全体の77%

スポンサーリンク