すべての人が幸せになるテクニックを

内定が取れる確率上昇!就活履歴書の書き方が秀逸

就活 履歴書

スポンサーリンク

 

 就活で気を付けたいことは、まず学歴ではないでしょうか。残念ながらいまだに有名大学を卒業していれば良い企業に就職することができるというセオリーはあります。ですから、どの大学を卒業するかには一番気を配る必要があります。そして次に用紙も重要です。自分の軌跡をどのようにうまく表現できるかは、就活において重要な要素の1つです。うまく伝えることができないと、マイナス要素となってしまいます。

 そして書き方。文章能力が必要となります。主語と述語が変だったり、日本語になっていない場合、面接官に良くない印象を与える可能性があります。そのため、提出する際には、周りの人にチェックしてもらうことで、ミスを極限まで減らすことができます。用紙はきちんと指定されたものを使用すること。規定に合っていなければ、内容を吟味することなく入社を許されないことでしょう。入れる封筒にも注意が必要です。きちんとしたサイズのものを使用しなければ、信用を得ることはできないでしょう。こちらもプロや知り合いに添削してもらう必要があります。基本的に、予備校の先生などにお願いすることになりますが、身内でもよいでしょう。

スポンサーリンク


 

重要なのはやはり履歴書

 そして何よりも重要なのが履歴書の内容。多くの企業では、履歴書の段階で採用するか否かを決定すると言っても過言ではありません。そのため、充実させておく必要があるのです。しかしながら、何を書けばよいのかわからないという人もいるでしょう。まず、心がけたいのが志望動機。その会社に対する熱意を何倍にも表現する必要があります。あまりにも典型的な内容だと、面接官に不快感を与える可能性もあります。多くの人が迷うのが自己PR。趣味や資格と言ったことを記入するのですが、いまいちはっきりしないところであると言えます。

 まず、趣味ですが、読書など当たり障りのないことを書いていると、平凡な人物だと思われることがあるため、注意が必要です。趣味に関しては、面接官に聞かれることもあるので、話が広がるようなことを書いておくとよいでしょう。たとえば、サイクリングなど。話の幅がぐんと広がることでしょう。もちろんその他の内容でも大丈夫です。資格に関しては、英検など各種検定、教員免許などを書いておくとよいでしょう。できるだけ多くの資格を記入しておくことで、面接官の期待もかなり高まります。ですから、できるだけ多くの資格を取得してくおくことをおすすめしておきます。

 最後に見本の存在。最初から完璧に書ける人はいません。そのため、他人が書いたのを参考にしてみるとよいでしょう。書き方のテクニックやノウハウなどを知ることができるため、それを自分の履歴書へと生かすことができるでしょう。何枚か下書きを書いていくうちに、自分にあった書き方というものが見つかっていきます。できるだけ数をこなすことで、履歴書をうまく書き、就活を成功させることが可能となるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

関連記事

スポンサーリンク

転職ならDUDA

非公開の求人は全体の77%

スポンサーリンク