すべての人が幸せになるテクニックを

就活で注意したいメンズ小物の常識とは?

就職 小物

スポンサーリンク

 

 就活の際に重要ポイントの一つとして真っ先に挙げられるのが第一印象の良さですが、第一印象とは顔の表情やスーツを着用した時の清楚感などを含めた全体的な人物像から感じ取られます。清楚感はスーツの着こなしだけではなくそれ以外の小物にも気を付けることでぐっと印象度が上がる可能性もあり、他の人と差を付ける重要なポイントでもあります。そこで就活の際に知っておきたいメンズ小物の取り入れ方や注意したいことをお話したいと思います。

 まずはスーツとの相性で印象度を大きく左右するネクタイは、顔の真下に位置しているので相手に相手から見た時に必ず目に入るアイテムで、第一印象としても根強く残ってしまうポイントにもなるのでデザインや色使いには万全の配慮が必要です。例えば無地のネクタイを選ぶ場合はやる気を感じさせる赤、気品を感じる紺、知的で高貴な印象を感じさせる黄といったような色合いを選ぶと良いでしょう。

 また無地と並んで圧倒的に種類が多いストライプ柄を選ぶ際には2色程度の色使いで構成されたチェック柄でシンプルな物を選ぶと清楚感を感じ、ネクタイの幅もスリムなものを選ぶことによってスタイリッシュさを加えることが出来ます。多色のストライプになってしまうと派手すぎて就活には縁遠くなってしまったり、ネクタイの幅もあまり広すぎるものを選んでしまうとカジュアルすぎてしまうので注意が必要です。またネクタイと合わせてネクタイピンをうまく取り入れると控えめな個性が演出できたり、メモを取る際にスーツの内ポケットからさっと取り出せるコンパクトサイズのノートを入れておいてもやる気をかんじられて好印象にもつながります。

スポンサーリンク


 

アイテム選びの注意点

 またさりげないアイテムながらも存在感を感じる腕時計は、基本的に派手なデザインを避けシンプルなアナログ時計を選ぶとよいでしょう。例えば三針のシンプルな機能的にも見やすいもので、文字盤も白・黒・紺などのオーソドックスなもので、スーツとの相性が良いメタル素材もしくは革ベルトを選ぶ場合は黒・紺などのシンプルなものを選ぶとフレッシュさが際立ちますし知的な印象にもなります。逆に気を付けたいのが一目で高級ブランドと分かるようのものや、派手な文字盤やベルトなどは遊び心が前面に出すぎてしまいこれから就職する上での印象としてもマイナスになってします。

 そして真夏時の就活の際に就職先の配慮としてクールビズを推奨される可能性がありますが、基本的にクールビズとはノーネクタイ、ジャケットやコートなどの上着を着用しなくてもよいという事です。いくらクールビズと言ってもやはりマナーが問われる点でもあるので、ワイシャツは基本的に長袖の白いワイシャツを着用して、首元のボタンを外す場合は1個程度、ワイシャツのインナーは色物は絶対に避け白を着用しているかどうかしっかり確認しましょう。最後に足元の靴選びですが、面接時の入室・退室時に目に付きやすいので基本的な黒の一般的なスタイルの革靴を選ぶことでだらしなさを回避し、清楚感とフレッシュさを感じさせて好印象につながりやすいです。

スポンサーリンク

 

関連記事

スポンサーリンク

転職ならDUDA

非公開の求人は全体の77%

スポンサーリンク