すべての人が幸せになるテクニックを

就活で失敗しないメイクのコツとは?

就活 メイク

スポンサーリンク

 

 就活でのメイクは、面接での第一印象を決めるとても大切なものです。第一印象が悪くなってしまうと、その後の面接でどんなに頑張ってもネガティブに捉えられかねません。でも、ぱっと見の印象を良くすることによって、面接官も話を肯定的に捉えてくれたり、好意的に見てくれます。社会人として、責任のある仕事を任せても大丈夫だと感じてもらえるような、メイクを心がけたいものです。では、具体的にはどんなメイクが好まれるのでしょうか。部分ごとに説明していきます。

 

眉毛と目元の注意点

 まず、眉毛です。眉毛は顔の印象を決める大事な要素であることはご存じでしょう。髪の毛は黒くしていることが多いかと思いますので、グレーや濃いブラウンなど、髪の色よりも少し明るい色を使ってかきましょう。眉頭にあまり力を入れ過ぎると怒っているような印象の眉毛になってしまいますので注意しましょう。極端に吊りあがった形も良くありません。自然な丸いカーブを書きましょう。

 目元は、薄いブラウンや派手過ぎないピンクなどのアイシャドウを使って、明るく仕上げましょう。ナチュラルに、目の陰影をつけるくらいの濃さで十分です。また、奥二重の方は膨張色を避けてやはりブラウンのシャドウを使用しましょう。アイラインは、まつ毛の間を埋めるくらいの細さで十分です。上手くアイラインが引けない人や、どうしても太くなってしまう人は、黒のアイライナーではなく、ブラウンのものを使うというのも一つの手です。また、最近の若い方に流行のカラコンは就活の際はしないようにしましょう。面接を担当する方の世代はカラコンになじみがありません。不自然な目元は好ましくありません。

スポンサーリンク


 

チークと口紅の注意点

 チークは、優しい印象に仕上げてくれる薄いピンクや、元気な印象のオレンジを使用して、頬骨の一番高い位置に筆でさっと薄くのせましょう。もし、ブラウンのチークを持っていれば、アゴラインに使うと引き締まった顔になります。目立ち過ぎないように注意して、引き締め色として上手に利用します。

 口紅の色は、ナチュラルなベージュ系ピンクやオレンジなどを使用しましょう。ナチュラルが一番だからと、何も塗らないのは良くありません。口紅をひかないというのは、オフの時の顔の象徴で、面接を受ける際に絶対にしてはいけないメイクです。必ず口紅はひきましょう。グロスについてですが、ラメのあまりない、透明感を出すだけのものであれば、多少つけるのは良いです。少し唇に艶があると、若々しく健康的な顔になります。

 以上が一般的な就活の際のメイクです。しかし、ご自身の受ける職種や会社のカラーによっては、バッチリと濃いめのメイクが好まれる場合もあります。例えば、個性的な洋服を作っているブランド会社を受ける際は、上記のようなメイクでは地味だと思われてしまう恐れがありますよね。受ける会社によって、メイクを上手く使い分けることはどうしても必要です。ただ、共通していえるのはそこに清潔感があるかということです。どんなメイクをするにしても、清潔感は失わないように注意しましょう。

スポンサーリンク

 

関連記事

スポンサーリンク

転職ならDUDA

非公開の求人は全体の77%

スポンサーリンク