すべての人が幸せになるテクニックを

就活メールの書き方。これだけ押さえておけば大丈夫!

就活 メール

スポンサーリンク

 

 最近では連絡のやり取りも以前のような電話連絡だった時代と流れが変わってきていて、インターネット上でのメールのやり取りが一般化されてきていて、就職活動でもこの流れが一般的で資料請求や採用に関するスケジュール、質問や問い合わせ等、メールで企業とのやり取りをすることが大変多くなります。そんな就活の際に企業側にとってマイナスの印象を与えないようにここだけは押さえておきたいポイントをいくつかご紹介したいと思います。

 まずはメールを開く際に相手側にとってどんな内容なのかを明確にさせる件名は、要件を分かりやすく相手に伝える為に長文になりすぎず短い文章で明確にする事が大切です。また企業側からのメールに対しての返信の際にはそのまま引用返信してしまうと件名に「RE」という自体がそのまま残ってしまい受け取った側にとっても良い印象を受けないので、きちんと削除してから件名を書くようにしましょう。また面接後に出すお礼状のもまた最近ではメールでお礼の気持ちを伝えるケースが増えてきていますが、気持ちの冷めないその日のうちにメールをする事が大切です。

スポンサーリンク


 

書き方の具体的なポイント

 書き方のポイントははじめに、〇〇株式会社 人事部〇〇課採用担当〇〇様と省略せずに間違えのないようにしっかり記載します。また意外にも勘違いしやすいのが「殿」や「様」を役職名の後に記載する誤認がありますが、役職名自体に本来敬称の意味が込められているので、メールだけでなく電話応対でも二重使いなどの間違った使い方には注意が必要です。

 引き続いて宛名の後には「本日は貴重なお時間を割いてご面談いただき、誠にありがとうございました。」とシンプルにお礼の気持ちを伝えます。また文章の途中に「改めて貴社で仕事をしたいという気持ちが強くなりました。」「御社で就業できますよう精一杯就職活動に取り組んで参ります。」といったような前向きな姿勢が伝わる言葉を入れることで相手側にとってやる気や向上心をうかがえるので好印象につながります。

 文面の最後には「今後も御社の益々のご発展をお祈りしています。」といった配慮の言葉を加え「取り急ぎ、御礼のメールとさせて頂きます。今後とも何卒宜しくお願い致します。」といった言葉で締めくくるとまとまりが良く相手側にとっても読みやすい文章の中で印象度が良く感じ取られます。ここで最後に気を付けたいのが企業側にとっては一度に多くの面接や説明会などを行っているので誰からのメールなのか基本的に区別がつかなくなるので、しっかり明確に署名をする事が大切です。大学・学部学科・氏名・住所に加えて、電話・携帯・メールアドレスを含めた連絡先は必須項目として忘れずにメールに記載しましょう。

 また面接後のお礼だけではなく説明会の参加お礼もまた基本的に面接お礼のメールと同じ内容で構いませんが、確実に参加する表明意志を伝える為にも「〇月〇日〇時に本社会社説明会会場へ、必要書類持参の上お伺いいたします。」といったように参加予定日時を間違えのないように記載することで、相手側にとっても誠実な印象を受けることが出来ます。

スポンサーリンク

 

関連記事

スポンサーリンク

転職ならDUDA

非公開の求人は全体の77%

スポンサーリンク