すべての人が幸せになるテクニックを

就活で注意したいレディ-ス服装の常識とは?

就活 女性 服装

スポンサーリンク

 

 服装がもたらすイメージはとても大きく、身に着けているスーツや小物次第で第一印象がかなり違ってきます。就活を有利に運ぶためにも、好印象を与えるように服装を整えていきましょう。面接時に着用するスーツは、華やかさを感じるような凝ったデザインよりも、シンプルで清潔感のある物を着用します。色は定番の紺やグレー、黒などが最適で、アパレルや広告業、IT企業など、トレンドや個性を重要視する業界ではベージュのような明るめのカラーも向いています。ボタンの数はどのタイプを選んでも特に問題はありませんが、着用時はきちんと留めておきます。ボトムはタイトスカートやボックススカートを選ぶと落ち着いた印象になり、スカート丈は膝上5cm以内にしておきます。長すぎると野暮ったい印象になってしまい、短すぎると座った時にスカートが上がってしまうので、試着をする時は座った時の長さも確認しておきましょう。タイトすぎたり深くスリットが入ったスカートはNGです。

 スーツに合わせるブラウスは、透け感のないしっかりとした素材の無地を選びます。薄いブルーやピンクでも問題はありませんが、定番カラーの白を選んでおくと固めの企業にも対応できます。スーツを着用していると同じような印象になってしまうため、ブラウスで個性を出したくなりますが、ストライプのような柄の入ったブラウスは避けましょう。カジュアルな雰囲気の企業の場合、ノーカラーのブラウスを合わせるのも良いのですが、その場合はカジュアルなカットソーではなく、シャツで使われているようなしっかりした素材を選びましょう。

 パンプスは黒などのベーシックなカラーを選び、ヒールの高さは5cm以内にしておきます。全くヒールのないタイプはカジュアル過ぎる印象になるので、3cm以上のヒールが付いているパンプスが就活には最適です。ストッキングはベージュ系のナチュラルなものにして、寒くても厚手のタイツを合わせるのはやめておきます。就活中に伝線してもすぐにはき替えられるように、必ずもう1足分バッグに準備しておくと安心です。靴は清潔感が出るところなので、就活前にお手入れをしてきれいに磨いておきます。

スポンサーリンク


 

レディース小物の常識

 就活ではA4サイズの書類が入るバッグが欠かせません。デザインは派手さがなくシンプルなものにして、移動中は肩から掛けられるようなタイプが最適です。布素材はカジュアルになってしまうので、革素材の黒や茶などのバッグを選びます。手元は意外と目立つ部分なので爪は短く切っておき、ネイルをする時は透明カラーやピンク、ベージュなどの自爪に近い色にしておきます。ピアスなどのアクセサリーは外して、穴が目立つような時はコンシーラーを塗ってなるべく目立たないように隠しておきます。

 メガネは色やデザインによっては印象を左右することになるので、顔型に合ったシンプルなデザインを選びましょう。就活では名刺をいただく機会も多いので、就職後も使えるようなしっかりとした素材の名刺入れを準備しておくと便利です。その他にあると便利なアイテムでは、必要な情報をすぐに書き込めるようなポケットサイズの手帳とボールペンを準備しておきましょう。

スポンサーリンク

 

関連記事

スポンサーリンク

転職ならDUDA

非公開の求人は全体の77%

スポンサーリンク