すべての人が幸せになるテクニックを

これだけは絶対にダメ!就活で失敗しない髪型の常識とは?

就職 髪型

スポンサーリンク

 

 就活をする場合、これまで着た事がないスーツを着用することが増えますが、服装のマナーとともに、髪型にも基本的なマナーがあります。そして、女子でも男子でも、ヘアースタイルは、相手から強い印象を受けることから、最重要チェックポイントともいえます。それは、例えば、優秀かつ良質な履歴書やエントリーシートなどを書き上げたとしても、髪型で印象が悪くなるだけで、その企業に就職することが難しくなることがあります。そのため、好印象を持たれるためには、服装や身だしなみとともに、髪型もしっかりと就職活動を意識することが大切です。

 そんな就活のヘアースタイルで守るべき基本マナーは、女子の場合では、まず、前髪は短くするか、横に流し、髪留めをして、額を出しますが、前髪は耳にかからないように注意し、おじぎをした時に、髪型が崩れないようにセットを行い、長い髪の場合には、髪留めを使って、一つに結わえるか、まとめてお団子にします。また、就活時の髪色は、一部のクリエィティブな業種を除いて、黒か自然色の清潔感のある常識的な髪色が基本で、茶髪や明るい髪色はNGで、さらに、カラーリングや派手なヘアースタイルは避けなければいけません。なお、髪をサイドで束ねたり、派手なアレンジを加えたり、サイドの髪を下ろしたりせず、きちんとシンプルにまとめ、顔を出すようにするとよりベストです。

 そして、ショートヘアーの女子の場合には、サイドの髪を耳にかけて、耳を出した方が明るく聡明な感じになりますが、長い髪の場合には、後ろでひとつにまとめるかハーフアップにすると良く、ひとつにまとめる場合、ポニーテールのような高い位置でまとめるとカジュアル感が強くなるので、束ねる位置を耳の延長線程度にします。また、スーパーロングの場合、きっちりとしたお団子にすることで髪の長さが気にならず、なおかつ、清潔感が出ます。

スポンサーリンク


 

注意すべき男子の髪型

 男子では、学生っぽさを一掃させる身だしなみの要が髪型とも言えるほど、きちんとした髪型が、就活で失敗しない大きな要因のアイテムのひとつともなります。そのため、散髪していなかったり、長髪やパーマ、また、刈り上げやもみあげなどのラフなヘアースタイルは、プライベートでは許されても、就活には厳禁となります。そして、前髪、襟足、耳の部分がスッキリした短めのスタイルにすることが好感度をアップし、さらに、きちんとプレスしたジャストサイズのスーツを着用することで好印象となります。

 なお、就活に挑む際のコツとして、身だしなみに特別な個性は不必要と考えて、フレッシュで清潔な印象を与えるために、髭の剃り残しのないすっきりとした肌で、おでこを出す形でショートヘアーにまとめ、汗や体臭にも気配りして、鏡の前でネクタイなどの服装とともに、髪の乱れがないか最終チェックを怠らないようにしましょう。また、このような就職活動において、必須なのは、何よりも常識と清潔感なので、リクルートスーツに、シワやシミ、汚れなどがないか確認したり、袖や襟の長さなどのチェックとともに、髪の毛に寝癖や乱れがないか、整髪料の臭いや付けすぎなどにも注意をすることが肝心です。

スポンサーリンク

 

関連記事

スポンサーリンク

転職ならDUDA

非公開の求人は全体の77%

スポンサーリンク